ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーは介護の専門家

介護に関して様々なコーディネイトを行う仕事が、ケアマネージャーです。
介護が必要な高齢な方、障害をお持ちの方にどのようなサービスが適切なのか専門的知識をもって考え、組み立てていきます。
関係機関へ連絡、調整などを行う、介護が必要な方々にとって非常に大切な人材となります。

介護に関する専門職となるケアマネージャーは、福祉や保健医療などの分野で活躍してきた人が取得できる資格であり公的資格です。
ケアマネージャーは正式に介護支援船も人という名称があります。
介護が必要な方、またご家族の相談に乗り、その方に合った最適なケアサービスを検討する総合的コーディネイト、さらに関係機関へのマネジメントなどを行います。
介護保険制度を熟知し、その制度を推進していく中、介護が必要な方、そしてそのご家族と介護サービスを提供する施設とを橋渡しする大切な役割を持っています。

その人に適した福祉コーディネート

介護保険制度を熟知した上で、医療や福祉面など、介護が必要な方にとって様々なサービスを理解し、その方に合った介護、福祉のコーディネートを行います。
そのため、介護が必要な方のお体の状況を理解する事、さらに家庭環境を知ることもチア説です。

介護サービスの中から、どのサービスが一番合っているのかを選びだし、介護サービスを提供する施設、医療機関などとの連携を取ります。
介護や福祉に関して、技術、知識共に経験が必要となるため、この資格は実務経験がないと取得できない資格です。

介護、支援が必要で在宅で生活する高齢者、また施設等で暮らす高齢者、そのご家族を対象にお仕事をします。
居宅介護支援事務所や地域包括支援センターなど、働く施設は幅広いです。

ケアマネージャーになるためには

この資格を取得する場合、介護支援専門員証を取得することが必須です。
この介護支援専門員証を取得するためには、介護支援専門員実務研修受講試験を受け、これに合格し実務経験を積むことで、介護支援専門員の資格を取得できます。

受験資格としては保健師や看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士などの資格を保有し、その上で高齢者の介護などの実務経験を5年以上経験した方、若しくはこれらの資格を保有していない場合でも、老人福祉施設などで5年から10年の実務経験を持っている人が受験できます。

この試験を受けて、実務研修を32時間以上こなし、やっとケアマネージャーになる事が出来ます。
知識があれば即受験できるという資格ではなく、実務経験によって実績をしっかり積まなければ取得できない資格です。

介護支援専門員実務研修受講試験とは

毎年例年10月に各都道府県で行われます。
5肢選択式マークシート方式による筆記試験で、法的資格取得者の場合、試験科目の一部免除があります。
免除は医師、歯科医師、保健師、看護師、理学療法士、社会福祉士、介護福祉士などに対しての免除です。

門台数は60題、試験時間は120分です。
合格率は20%以下と非常に低く、高い専門的知識が必要という事がわかります。