介護事務の仕事

介護事務として働く

介護施設などで事務として働く介護事務は、特に必要な資格がありません。
介護事務として働く資格としては、技能認定振興協会の介護事務管理士、さらに日本医療教育財団のケアクラークなどがあり、取得しておけば就職に活用できます。

必須資格とならないので、介護報酬請求書の作成など介護事務の実務に必要なスキルを身に着けるための資格として考えて、取得しておくのもいいでしょう。
取得についてはスクール、また通信講座などが利用できます。

魅力は「学歴を問われない」という点

仕事の中には大卒、短大卒でなければならないという事もありますが、介護事務は学歴を問われない資格です。
介護関連施設では高卒で介護事務として活躍されている人は多いです。

但し、介護事務以外、将来的に介護福祉士などの国家資格を取得したいという場合、特定の養成施設の卒業が必須という事もあります。
介護事務の採用に関しても、特に学歴を問われませんが、介護の業務も共にできるという人が採用されやすいという事があるので、介護事務の仕事をしたいという場合でも介護系の資格を取得している方が有利です。

介護事務としての募集は少ない

介護事務としての求人は少なく、介護の業務をこなしながら介護事務を行うというところが多いという現状があります。
大きな施設の場合、介護事務という仕事が単独で存在していますが、小さい事業所などでは介護事務という単独では存在せず、介護福祉士や介護職員が介護事務を兼務しているという状態です。
そのため、介護福祉士や社会福祉士などの資格を取得し、介護事務として働くという形をとっている方も少なくありません。

資格の取得に関しては、実務経験なども必要となりますので、まずは資格取得のため、実務経験を積み資格を取得し、その知識と技術を持ってから介護事務としての求人が出たら応募するという形をとるといいでしょう。
雇用する側も、事務能力以外に、資格取得者でほかの業務も兼務できるという人材を欲しがります。
資格を取得しておけば介護の色々な業務に関わる事が出来るので、出来れば介護、福祉などに関連する資格を取得しておきましょう。

介護事務管理士を持っていても雇用は難しい?

介護事務の資格として介護事務管理士やケアクラークなどの民間資格がありますが、これらの資格を取得していても、介護に関する実務が可能な資格を保有していないと雇用が難しくなります。
インターネット上の転職、就職情報サイトなどを見ると、これらの資格を持っていれば就職に有利とされています。

さらに言えば、介護福祉士やそのほかの介護関連の資格を保有している人が雇用されることが多くなっています。
事務系以外の介護関連資格を保有する事と、パソコンスキルを持っていると就職に有利です。