ガイドヘルパーの仕事

障害を持つ方の外出を助ける

少し聞きなれない資格ですが、ガイドヘルパーという資格があります。
この資格は、移動介護従事者という資格でホームヘルパーさんでは出来ない、介護サービス利用者の外出サポートができるという資格です。

障害をお持ちの方は、なかなか自由に外出できません。
外出の際には誰かの助けが必要となるので、外出したくてもなかなか実現しないという現実があります。
ご家族がサポートできる状況にあっても、危険回避などの知識を持っていないと大きな事故になる事もありますので、ガイドヘルパーは今注目の資格なのです。

障害をお持ちの方を対象に外出支援を行うのがガイドヘルパーで、移動支援に対する仕事が主な仕事です。
三つの障害種別があり、中にはホームヘルパーの資格保有者が行う事が出来る支援もあります。

全身性障害者移動介護事業者、視覚障害者同行支援事業者、さらに知的・精神者障害行動援護事業者の3つです。
知的・精神者障害行動援護事業者は旧ホームヘルパー2級資格保有者が行える支援です。
しかし自治体によって講習が必要という時もありますので、必ず確認しましょう。

三つの障害種別

全身障害者移動介護事業者の全身障害者というのは全身の、運動機能も含む機能障害をお持ちの方を指し、四肢麻痺、肢体大幹筋力低下などを含みます。
身体将棋者手帳1級を持った重度の障害者を全身障害者といいます。
この場合、車いすなどの福祉用具を利用する方の外出サポートなどを行い、なかなか外出することが困難な利用者の方に、積極的に外出を楽しんでもらう時間をサポートします。

視覚障害者同行援護事業者は視覚障害をお持ちの方が外出する際にサポートします。
移動に必要な情報を得て、歩行の介助などを行い、排せつや食事などに関しても必要なサービス、援助を行います。
視覚障害をお持ちなので、健常者には危険と感じない段差、エスカレーターなど繊細なサポートが必要です。
ガイドヘルパーが利用者の目となり、安心、安全に外出を楽しんでもらうためのサポートを行います。

知的・精神者障害行動援護事業者は知的・精神障害をお持ちの方に、行動する際、危険を回避するためのサポートを行います。
初めての場所にパニックを起こすこともありますし、怖がって動けなくなるなどがありますので、目的地や行動などをあらかじめ説明しておくことでパニックを起こさないように配慮します。
言葉以外にしっかりとコミュニケーションを持ち、パニックが起こらないように安心させて行動することが必要となります。

安全な外出をサポートするのが役目

障害をお持ちの方が安心、安全に外出する事が出来るよう、サポートするのがガイドヘルパーの仕事です。
制限などはなく、どこでも行くことができます。
映画館、デパート、さらに旅行なども含まれるため、帯同する事もあります。

障害を持っていると、なかなか外出する事が出来ず、最終的に外出するのが嫌になり引きこもってしまう事もあります。
社会と繋がりを持ち、明るく楽しく生活していただくために、ガイドヘルパーは、障害をお持ちの方が気持ちよく安全に外出できるようサポートします。

ホームヘルパーの場合、施設近くの決まったコースなどをお散歩しますが、ガイドヘルパーはさまざまな場所で様々なサポートが必要となるので、障害をお持ちの方がどこに行かれるか、またどのような障害をお持ちになっているかによってサービス内容が違ってきます。
車イスでの移動などもありますので、その場合、公共機関に連絡を付けてスムーズに移動、乗り降りができるよう伝達しておくことも重要な業務です。