ホームヘルパーの仕事

介護の現場で働くホームヘルパー

訪問介護員の事をホームヘルパーと呼びます。
この業務は必ずしも資格が必要という事はありません。
訪問介護事務所などで介護現場のスタッフとして活躍する方も非常に多くなっています。
しかし、介護に関する専門的知識や技術を備えていることを証明する介護職員初任者研修という研修があります。

介護は簡単な物ではなく、専門的知識や技術が重要な業務です。
何も知識がないままに、障害をお持ちの方、高齢の方のサポートはなかなかできるものではないので、出来れば、介護職員初任者研修を取得し、介護の現場で働く方が安心です。

介護が必要な高齢者や障害をお持ちの方の生活上のサポートを行う仕事になります。
介護とは何か、福祉とは何か、こうした基礎的な事をしっかり学んで業務を行う事が必要でしょう。

介護職員初任者研修の受験者資格について

従来、この資格はホームヘルパーという資格として存在していました。
現在の介護職員初任者研修に関しては従来のホームヘルパー2級の資格と同等です。

16歳以上であれば受験でき、各都道府県の実施要項に基づき、指定された養成機関で養成講座を受講、さらに試験を受け合格する事で資格を得ることができます。
この養成機関の多くに、通信制がありますので、学校に通えないという方も通信講座によって受験されていますし、学校では幅広い年齢層の方々が勉強されています。

養成講座で勉強する期間・費用

養成講座で勉強する期間ですが、公的機関なのか、それとも民間なのかによって少し違いがあります。
通常いずれの施設も3ヵ月から半年くらいで終了します。
必要な費用は一般的に7万円位から10万円くらいです。

介護施設ではこうした養成講座に働きながら無料で資格取得の為、通わせてくれるところもありますので、費用が出せないという方はそうした施設を探してみるといいでしょう。
講義、演習など計130時間のカリキュラムで、必要に応じ施設見学や失州なども組込、介護の知識と技術を同時に学んでいくというスタイルです。

費用をなるべく安く済ませたいという場合、ハローワークなどから申し込みを行う事で、受講費用が安くなります。
しかし人気があるため、人員が抽選となる場合もありますし、受講日が指定となるので働いている人などは難しいかもしれません。

自分のスケジュールで受講したいという事なら民間の施設を利用するといいでしょう。
費用は高くなりますが、こうした民間の施設では資格取得後、就職斡旋までしてくれるところが多いので、就職活動が楽になります。

介護職員初任者研修終了後、3年以上の実務経験を積み、サービス提供責任者になる事もできますし、最終的に介護福祉士をめざし、さらに上位の実務研修を取得される方も多いです。
高齢化社会となり、さらにこの先、需要が高くなっていく資格なので上の資格を目指して頑張っていくと将来、非常に役立つ資格となります。