入浴介助の基礎知識

気持ちよくお風呂に入れてあげたい

寝たきりや動きにくくなってくると、お風呂に入る事、お風呂に入れてあげることがだんだんと難しくなります。
しかし、あまり動けなくなっている高齢者や寝たきりになっている高齢者は、お風呂がとても楽しみになっているので、入浴介助を覚えて気持ちよく入れてあげましょう。

体を清潔に保つという点と、お湯につかることで血液の流れがよくなり、褥瘡などができにくくなるという効果もあります。
38度程度の湯につかっているとリラックスでき、副交感神経が優位になるので、気持よくお風呂に入ってもらえます。

お湯の中では浮力が働くので、関節や腰などの痛みをお持ちの高齢者も、動かせなかった部分をしっかり動かすことができるようになるので、負担少なく関節を動かすということにもつながります。

基本は半身浴・心臓に負担をかけないようにすることがコツ

高齢者は心臓も弱っている方が多く、また疲労しやすいので、お風呂に浸かるのは胸のあたりまで、半身浴にすることが求められます。
温度としては38度くらいから40℃程度に保ちます。

少しでも体が動くようならまず自分で体を出来る範囲で洗ってもらい、洗えない部分を解除するという形で行います。
入浴の前には体温や脈拍、血圧に異常がないかどうかを確認し、よくないようなら無理に入れることはせず、落ち着いてからお風呂に入るようにします。

高齢者がお風呂で起こしやすい事故とは

高齢になるとお風呂は危険な場所と考えておくべきです。
脱衣場と浴室の温度差があまりにも激しい、また温かい部屋から脱衣場など冷えた部屋に入る事で、ヒートショック起こすこともあります。

急激に温度が変化する音で、血圧がいきなり変化し、これが死亡につながる事もあるので、脱衣場と浴室の温度差をなくすということをしっかり考えておくべきです。
また一番風呂はお湯の温度も浴室の気温も一定となっていないので、避ける方がいいといわれています。

浴室の床で滑って転倒、骨折し寝たきり状態になり痴呆へ・・・ということになってしまう方も多いので、浴室内で滑る事が無いように、滑り止めの措置をすることも必要です。

体のどこかに痛みがある事が多いので、痛みが出ないように無理な姿勢で移動するなどして転倒するということもあるので、ゆっくり移動し転倒しないようにすることも大切です。

入浴を嫌がるという高齢者も多いようです。
でも無理に入浴させると入浴が嫌いになってしまうこともあるので、声をかけながら嫌がらないように入浴させることが必要です。

体の洗浄を嫌がるようなら、じゃあ今日は頭を洗うだけにしようかなど、本人が納得できる入浴を心がけましょう。

お風呂のリフォームもしっかり考えるべき

お風呂が古いタイプの住宅は浴槽に入る時に足を大きく上げなければならなかったり、段差が多く転倒の危険性があるところが多いです。
そのため、思い切って使いやすいお風呂にリフォームすることも考えます。

手摺を設置し、浴室、洗面所の段差をなくす、浴槽を浅く、低くする、戸の開口部を広く儲けるなどのリフォームです。
介護のためのリフォームについては20万円までは1割の負担で改修できるので、お風呂の介護が始まる前に、事前に準備しておく方がいいと思います。