床ずれを防止するには

褥瘡、床ずれを予防したい

長く病気で臥せっている方などもそうですが、寝たきりになって大きな問題となるのが褥瘡、いわゆる床ずれという状態です。
長居時間同じ体勢で寝ている、座っていると、ベッドなどと接触している皮膚、皮下組織が圧迫され、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが滞りやすくなると、周辺組織が壊死してしまい、ジュクジュクと皮膚がはがれてきます。
これを床ずれ、褥瘡といいます。

このような状態になると、感染の危険性もありますし、本人も痛みがあるのでかわいそうです。
作らないことが最も重要な事となりますが、予防と出来てしまった場合の治療方法などを理解しておくといざという時に即対応できます。

褥瘡の原因は様々・・・時に骨がみえることも

褥瘡が出来てしまうその原因は、その方によって違いがありますが、複数の要因が絡み合い発生することが多いです。
その中でも最も褥瘡の原因として知られているのが、長時間同じ姿勢でいることです。

同じ姿勢で座っていたり、寝たままとなると、ベッドなどに接している部分が次第に圧迫され、血液の流れがその部分だけ流れにくくなっていきます。
皮下組織が壊死をおこし剥がれ落ちるという状態になり、最終的にひどくなるとその部分の骨が露出するという痛々しい状態になってしまいます。
寝たきりで自ら体を動かすことが出来なくなると、次第に褥瘡が出来てしまうので、体位交換など、介護する側がしっかりと対応することが求められます。

もしも褥瘡が出来てしまったら?

褥瘡が出来てしまったら、まずはいつも見てもらっている先生に相談します。
医療施設によって褥瘡の治療をする科が違ってきますので、相談してどの科に行けばいいか確認します。

通常褥瘡の治療としては、傷を保護して適度な湿気を持たせる創傷被覆材、ドレッシング材と呼ばれるや、傷の状態に合わせた塗り薬、感染予防には洗浄や消毒などを行います。
組織が完全に死んでしまっている部分があるということなら、外科的治療として死んだ組織を除去する、また皮膚の移植を行い傷を閉じるなどの措置を行います。

ただこうした褥瘡の治療はかなり困難でよくなる人が少ないので、「作らないこと」「予防すること」が最も大切といわれています。

褥瘡ができやすい個所と予防策

骨の突出があり硬い部分、体重がかかりやすい部分、皮下脂肪が少ない部分などは褥瘡ができやすい部分です。
特におしりは体重がかかり、中央に骨があり、圧力がそこに集中しやすくなっており、仙骨と呼ばれる部分に褥瘡ができやすいです。

その他にも、踵、後頭部、肩甲骨、肩、肘など布団やベッドに長時間接することが多い部分、皮下脂肪が薄い部分にできやすくなります。

褥瘡の予防としては、介護する方にとって大変かもしれませんが、長時間同じ姿勢を作らないことです。
体位交換は2時間に1回行う事が望ましいとされ、高齢者の状態によってその回数を多くすることも求められます。

また衣服やシーツのしわなどが褥瘡の原因となる事もあるので、しわをなるべく作らないようにしておくことも必要です。