大人用おむつの使用方法

できれば自分で排泄させてあげたい・・でも無理な事もある

排泄するということを人に手伝ってもらったり、おむつをする必要があるとなると、精神的にしっかりしている人にとって非常に辛いことです。
高齢になってこういうことがあると予想していても、排泄のサポート、またおむつを利用するということは、本人にもご家族にも辛い頃です。

介護をプロとして行う方も、排泄できていた人がおむつにせざるを得ないという時、非常にデリケートな問題となるので、気を使う場面もあります。
自分から喜んでおむつをしてほしいと思う人などいないのですから、心配りをしながらおむつを利用することが求められます。

大人用のおむつを使う際に気を付けたいこと

まずは誰でもおむつをする、交換してもらうという行為は嫌なもので、心の中で傷ついていますし、落ち込んでしまう方も少なくありません。
また逆に、何もかも人に頼るようになってしまうこともありますので、難しいところです。

おむつを利用したことで一気に認知症の症状が進むということもありますので、介護する側としては、本当に介助しながらの排泄が無理なのかどうか、見極めることも重要です。
おむつを交換する時にも冗談を交えながら行うとか、便秘されている高齢者がしっかりと便を出すことが出来たら、よかった!!気持ちよくでたね!!と明るく声をかけて上げるなど、負担になっていないこと、迷惑ではないことを別の言葉と態度で示してあげたいものです。

介護を受ける方の症状に合わせたおむつを

誰もが同じおむつをしているということはなく、その方の状態に合わせて様々な種類のおむつを利用しています。
布おむつ、紙おむつがありますが、布は吸水性もよく経済的な面などがよい点ですがお洗濯の手間がかかるので、最近はほとんどが紙おむつです。

テープで留めるタイプとパッドタイプがありますが、テープで留めるタイプや寝たままでも交換しやすいため、寝たきりの方に利用します。
パンツタイプは上げ下げもしやすく、介助があれば自分で排泄できる人に利用されています。

パッドタイプは単独で利用することがなく、通常他のタイプと併用して利用する、また尿漏れなどの症状がある方に利用します。

おむつかぶれにならないように定期的に交換を

漏れる心配がないとなると長い時間放置しても平気なんて思ってしまう方もいますが、衛生上よくありませんし、本人も気持ちが悪いと思います。
本人が変えてほしいという時以外でも、時間をみて定期的に交換していれば、おむつかぶれにもなりにくいですし、交換する時に体の位置を変えるなどができるので、褥瘡を予防することにもつながります。

おむつが濡れたままになっていると褥瘡もできやすくなりますので、褥瘡予防も共に考えてしっかりサポートしてあげてほしいです。