排泄介護の注意事項

排泄の介護は介護の大きな割合を占めている

ご家族の中に介護が必要な高齢者がいるという時、様々な準備が必要となります。
手摺の設置や車いすなどを利用される場合、バリアフリーにするリフォームなど、在宅介護はなるべく、介護しやすいように環境を作ると、介護する側も負担少なく介護できます。

介護の中でも最も大きな割合を占めるのが排泄の介助です。
排泄をスムーズに行う事が出来るということなら、介護される方も、する側も、精神的、肉体的な負担が少なくなります。

排泄は非常にデリケートなケアとなりますので、排泄介護におけるポイント、またその方法などもしっかり理解しておくことが求められます。

排泄介助のポイントとは?

下の世話を家族にしてもらうということは、高齢者にとって精神的な負担が最も強い介助です。
一人で排泄出来ないことに情けないという気持ちを持つことも、もしも自分がそうなったら?と考えれば理解できることです。

介助を受ける高齢者の方が自尊心を傷つけられることなく気持ちよく排泄介護を受けることができるように、言葉をかけながらゆっくり介護を受ける方のペースに合わせて行います。

せかしたり、早くしてよと文句を言ったりすればその一言がショックで、精神的に参ってしまうこともあります。
また介護する側としてはおむつにした方が楽ということを考えますが、排泄はできる限りおむつではなく、パットやリハビリパンツの利用をお勧めします。

排泄が自分でできるという喜びは心のリハビリにもなる

排泄は人が最も人に見られたくない行為といってもいいでしょう。
自分でトイレに行ける、排泄ができるということは大きな自信となるものですし、逆にトイレに行けなくなり、排泄を介護してもらうようになることは、ご本人が最もショックを受ける出来事です。

トイレに行くまでの間に、手摺があれば行けるとか、ポータブルトイレがあれば自分で排泄できるということなら、そうした環境を作ってあげることも排泄介護のポイントとなります。
トイレアームを置くとか手すりの設置などについては介護保険適用となる事なので、介護される側、介護する側の負担を経験することとして、行っておく方がいいでしょう。

排泄介助の具体的な方法とは?

負担を軽くして楽にしてあげたいという気持から手伝い過ぎてしまうということもあります。
介護の基本として、出来る事は自分で行う事が大切ということがありますので、自立心、自尊心を尊重した介護が必要です。

尿意や便意は高齢になると感じにくくなる方も多く、すぐに動けると思っていたのに動けず、失禁してしまうという事もあります。
そのため、トイレに行っておこうか?とか、さて、そろそろトイレに行きましょうか?と声をかけることも重要です。

介助があればトイレに行けるということなら、パンツの上げ下げ、排泄行為についてもある程度自分でできるという方が多いです。
ただ腰を曲げるなどの動作が必要となるので、パンツをあげることが出来ないという方もいます。

この場合、声をかけながらパンツを下げる、上げるなど、介助します。
トイレットペーパーをきる事が難しくなっている高齢者もいますので、必要量をきって渡してあげます。

またどうしてもきれいに拭けないということもあるので、出来ればウォシュレットが便利ですし、おしりふきを利用してしっかり拭き取ってあげるなどすると、おしりが荒れる事もなくご本人も快適に過ごせます。