トイレまで移動する際のテクニック

介助すればトイレに行けるなら排泄はトイレで行う方がいい

トイレに自分で行くことができる、トイレで排泄ができるということは介護される方にとって大切な事です。
介護は何もかも介護する側が行うのではなく、出来る事は自分で、出来ないことについてサポートするという姿勢が重要です。

自分でトイレに行くことでベッドから体を起こし、移動するということが必要となるため、歩く筋肉や立つ筋肉などを動かします。
危ないからとトイレで排泄させないようにすると、寝たきりになる可能性もあります。

トイレまでの移動を解除するポイントとは?

トイレまで遠いと、足腰に痛みなどがある高齢者は辛い思いをしますので、出来れば寝室をトイレに近い部屋にするということがポイントとなります。
ご本人がトイレに行く際に負担が少なくなりますし、介助する側も負担が少なくなります。

体格がいい方もいますので、その場合、介助する人だけで支えることが難しいという場合もありますし、不安定になる事もあります。
トイレに行くまでの廊下などに手摺、杖を準備する、また歩行器等を用意して、なるべく自分の力で移動できるように手段を準備しておくと安心です。

介助があれば歩くことができるという場合には、トイレまでの廊下に手摺を付けて、上手く移動できるようにしておきます。
転倒防止のために自宅へ手摺を設置する場合には、工事費用に介護保険が適用されます。

壁に設置するものと簡易的な置くだけの手摺もありますので、環境に応じて選ぶといいでしょう。

片足だけに力が入らないなど、杖を利用すれば歩くことができるという場合、杖と手摺を両方利用することでより安定性をもってトイレまで移動できます。
杖は三点歩行と二点歩行などがあり、三脚点、四脚、またロフストランドといった種類がありますので、高齢者にあった杖を選択します。

杖は介護保険を利用し、レンタルすることもできます。
グリップ部分は、摩耗しやすいので定期的に介護する側がチェックして、すり減っているようなら交換する事も必要となります。

歩行器を利用するという手もある

足が前に出にくくなっている高齢者も多く、この場合、杖、手摺ではちょっと心もとないので、歩行器の方が安定して安全に移動できると思います。

歩行器は体を囲むように体位を保持できるので、安定した状態でトイレまで移動できます。
持ち上げて移動するタイプは、腕を鍛える事にもつながりますので、トレーニングとしても活用できます。

屋内用歩行器などはレンタルできるものもあり、介護保険でレンタルすることができるので、利用されてみてはいかがでしょうか。

この他足が不自由という場合でも、トイレで排泄するということは非常に大切な行為となりますので、車いすなど利用してトイレに移動することもできます。
自力で排泄できるという方は、トイレまでの移動も車いすで可能になると思います。