介護の必要な高齢者がおむつを勝手に外す時の対処法

おむつを勝手に外してしまうということ結構多いんです

段々と動きが鈍くなっていき、歩けなくなった、また自分で洋服の脱ぎ着が出来ないとなれば、いよいよおむつとなります。
寝たきりになるとおむつは必須となるのですが、おむつをすることで漏れる事もなくなり、介護に少し余裕が出たというご家族もいます。

しかしおむつをしている高齢者の中には、不快に感じておむつを外してしまうという方も少なくないのです。
失禁してしまい気持ちが悪いから外すということなのだと思うのですが、排泄していない状態で外す高齢者も多く、家族は困ってしまいます。

おむつを付けるということに抵抗を感じているというのは当然のことで、痴呆が進みあまりよく周りの状況や身の回りの事がわかっていなくても、おむつを外してしまうこともあり、やはりおむつということに抵抗があるのではないかと思います。
時におむつを外してあげるということも必要かもしれませんが、失禁することが多くなると掃除の手間も増えてしまい、ご家族への負担が大きくなります。

こうした場合、どのような事を行えばいいのか、おむつを外してしまうことへの対応について理解しておきましょう。

簡単に外せないようにするためには?

おむつをしておかなければならないという時には、テープ部分が後ろに来るように、おむつを反対につけると簡単に外せないので、最終的に諦めてくれることも多くなるようです。

どうしても外してしまうという方は、その上からリハビリパンツをはかせます。
リハビリパンツを外しておむつを外すということが必要となるので、なかなか外せなくなります。

寝たきりで無意識のうちに外してしまうという方にはミトンなどを付ける、つなぎのパジャマにすると外せなくなりますし、諦めてくれます。
頻繁におむつを外してしまうという方は、つなぎタイプのパジャマを利用すると外さなくなることが多いです。

大人用のコンビネーションやタッチホックフルオープンタイプを利用する

介護用のパジャマには、コンビネーションやタッチホックフルオープンタイプがお勧めです。

タッチホックフルオープンタイプはファスナーの引手を挟み、タッチホックで安心のタイプです。
これなら簡単におむつを外すことができません。

コンビネーションは、ファスナーのオートロック機能を活かしていてるロックシステムが採用されているので、おむつを外すことが多いという高齢者にピッタリです。
また、おむつホルダーという商品があり、体型に合わせて調節できるタイプなど様々な種類があるので、おむつの上にこのおむつホルダーを利用すると、おむつを外すのが面倒になるので、外さなくなる方が多いようです。

こうした介護グッズを利用してみると、おむつを外してしまうことが悩みとなっているご家族も解決できると思います。