寝たままの状態で洗髪するには

洗髪は寝たまま行うのが難しい部分

清拭で体を拭くことは、順番や方法を覚えればしっかりとできますが、洗髪は寝たままで行う事が難しいという方が多いです。
入浴が困難になる寝たきりの方は、洗髪の機会も少なくなるのでフケなどもたまりやすくなり清潔さを保持することが難しくなります。

そのため、寝たままでも髪の毛を洗う事が出来るように、その方法をしっかり覚えて、体も髪の毛もできるだけ生活に保てるようにしてあげることが大切です。

洗髪するための準備をしっかり行うこと

仰向けになった状態で先発を行いますので、後頭部の下に洗面器を置いて、部屋が濡れないように準備を行います。
美容室では仰向けで髪の毛を洗ってくれますが、そのイメージをベッド、布団を敷いているところに場所を作ります。

ベッドの場合、首の下に枕などを挟み首をしっかり安定させます。
布団の場合、敷布団などを折り返し頭の部分が高くなるようにしてから、後頭部の下に洗面器を準備します。

髪の毛が濡れているとどうしても体が冷えてしまうので、室温は25度くらい、高めに設定しっかり暖めておき、少し熱めのお湯を準備し、ぬるくならないように洗髪の直前に準備すると暖かい状態で髪の毛を洗う事が出来ます。

ビニールシート、40℃程度のお湯、洗面器、シャンプー、タオルを4枚くらい準備しておきます。
お湯はたっぷり準備しましょう。

いよいよ寝たままの洗髪開始!

準備が整ったらのけぞるようなイメージで、首よりも頭がした方向に来るようにします。
ビニールシートを頭部と布団、ベッドの下に広めに敷いて、頭皮をマッサージするように髪の毛をとかしてから、頭皮方向に向けてお湯をかけていきます。

お湯がしっかり頭皮、髪の毛になじんだらシャンプーを泡立てて頭皮を洗います。
すすぎのお湯は通常お風呂で洗髪する時の様にたくさん利用できないので、頭皮を洗い終わったら、余分な泡をタオルで包み込むようにして拭き取ります。

ある程度泡がとれたらすすぎます。
タオルにお湯をたっぷり浸し、毛先に向かってお湯を頭皮に湿らせるようにしてすすぎます。

すすぎが不十分にならないように、襟足、耳の周りなど落としにくい部分に注意しながら丁寧にすすぎます。
耳に水が入らないように耳栓をしておくと安心です。

すすぎ終わったら水気を取り、タオルで頭皮全体を包み込み、そのままも見込むように水分をしっかり拭き取ります。
水分が拭き取れたらすぐにドライヤーで乾かしますが、高齢者は温度がわかりにくくなっていることも多いので、20cm程度ドライヤーをはなしてしっかり乾かします。

タオルドライを丁寧に行っておくと、ドライヤーをする時間も短く済み、高齢者の負担を少なくできますので、丁寧に拭いてからドライヤーをあてるようにすると、素早く乾かすことができます。