靴の脱ぎ履きの介助について

高齢者にとって外出することは重要な事

年齢を重ねていくと次第に目が弱っていきますし、足腰も弱くなります。
手先も器用に動かすことが出来なくなっていくこともあるので、若い時にできたあたりまえのことが出来なくなっていくという現実を受け入れなければなりません。

例えば靴を履くという簡単な作業がうまくできなくなってくると、外出なんてしなくてもいいやと思ってしまい、歩くことも少なくなって次第に筋力も弱まり、関節なども動きにくくなっていきます。
外に出て人と話したり、一緒に散歩をしたりお買い物をするということは、刺激になる事ですし、筋肉をしっかり利用しますので、寝たきりにならないためにも、痴呆にならないためにも重要な事です。

自分で靴を履けるように工夫してみる

外出する意欲をなくさないように、自分でできる事を一つでも多くする、介護をする側はこうしたサポートもしていくべきです。
今までできたことが出来なくなってくると、高齢者の多くが「もう年でできないから」と人任せにしようとします。

でも出来ないといっているからと、何もかの手伝っていては、時間をかけて行えばできる事でも、本当にできなくなってしまうのです。

人がやってくれると思えば、手先がうまく動かずに面倒くさくなっているという面もありますので、人に頼めばいいやと思っているうちに、何もかもできなくなっていくので、靴を履くということも、簡単に履く、脱ぐことができる工夫を施して、高齢者自身が出来るようにしてあげることも重要な事なのです。

介護用、リハビリ用の靴を利用してみる

靴がうまく履けない、脱げないという高齢者には、介護が必要な方の靴やリハビリシューズなどを利用されてみるとうまく一人で履けるようになります。

様々なタイプがあり、足のサイズに合わせて横幅が広めのものもありますし、お店に寄りますが、左右違うサイズを購入することができる所もあります。
利用される方が外出することが楽になるように、自分で脱ぎ履きできるシューズを選んであげます。

デザインなども非常に豊富なので、その方が好きな色や形を選んであげれば、外出も楽しくなるのではないかと思います。

屋外用、屋内用がある

介護靴の屋外用は足を入れる口が入れやすくなっていて、靴底にもクッション性が高いものが多く、歩きやすくなっています。
高齢者の方が外出する時に負担にならないような工夫が施されている靴です。

屋内用の介護靴も家の中で躓くことが多くなった高齢の方にオススメの靴で、履いたり脱いだりするときに非常に楽な作りになっているので、自宅でもデイサービスでも利用しやすい靴といえます。
屋内用の靴は防水加工がされていないものが多いので、外出する時には屋外用に履き替えた方がいいと思いますが、屋内用も屋外用も高齢者にとって使い勝手のいい靴となっています。