ポータブルトイレの使用方法

トイレは自分で済ませたい・・・そう思う高齢者は多い

もしも自分が、将来介護が必要な状態になったら?年齢を重ねるごとにこうした不安を持つようになりますが、介護となってもできるだけトイレは自分で済ませたいと誰もが感じる事だと思います。
介護が必要な高齢者がご自宅にいるという場合、自力で歩けるようなら排泄は自分で行う方が、ご本人にとっても自尊心を保つ要因となりますし、寝たきりにならないためにも排泄のために動くことは重要な事です。

トイレで排泄させてあげるために、手摺、また歩行器具などを利用すると高齢者の方もトイレに行きやすくなります。
しかし、夜間などは家族の人も目が届きにくくなり、怪我をすることも考えられますので、ポータブルトイレの利用も考えましょう。

夜間は体温が下がりやすいですし、夜間に尿意を多く催す方も少なくありません。
部屋にポータブルトイレを置くことが出来れば、夜間でもリスク少なくトイレを利用できるようになります。

ポータブルトイレの種類と選び方について

ポータブルトイレは現在様々なものがあり、標準、木製、金属製、またスチール製のベッドサイド設置型などがあります。
ポータブルトイレはトイレに行く必要がなく寝室などで利用できる便器で、トイレに歩いていくことが困難な場合や、歩きが不安定になっている方に便利な便器です。

どのようなタイプがいいか、介護を受ける方の目線で選ぶ必要があります。
要介護者の身体機能をよく観察し、居室スペースにあった大きさのものを選択します。
トイレに行くまで移動する際、動線も考慮して設置できるかどうか考慮することも必要です。

排泄物はポータブルトイレの下にあるバケツに入る様になっていますが、汚物処理がしやすいかどうか、介護する側の使い勝手もチェックします。
においについての対策が取りやすいか、またポータブルトイレそのものに対策が取られているかどうかも比較ポイントです。

最近は便座が暖かく保てる暖房機能付のものや、ウォシュレット付のものなど、快適に利用できるポータブルトイレもあります。

介助が必要な場合と必要ない場合のポータブルトイレの使用方法

高齢者が自分で排泄できるということなら、肘かけを利用し体を支えつつ移乗し、脱衣、それからポータブルトイレに座ります。
ズボンなどが足に絡まる事が無いように、脱ぎ着しやすい寝具を用意してあげる方がいいです。

ポータブルトイレを設置しても手摺などがないと移動が困難ということもありますので、利用する際にはほかに設置する必要のあるものないかどうか、確認し必要な手摺などの設置も考える必要があります。
介助が必要な高齢者の場合は、体の状態やお部屋の環境などによって移乗の仕方も違ってきますので、どのように介助すればいいか、あらかじめ流れを頭に入れておきます。

手摺につかまるなどして安定した状態をとってもらい、介護する側がズボンをおろし、手摺につかまったままでゆっくりと便座に腰かけてもらいます。
ポータブルトイレも軽量なものは倒れやすいので、転倒しないようにしっかりと支えておくことが大切です。

介護用の消臭力が強い消臭剤を利用することでにおい対策!

ポータブルトイレは居室において利用するので、におい対策は必須です。
消臭力が強いトイレクリーナーなどもありますし、汚物が貯まるバケツ部分に塩素系漂白剤を利用しておくとにおいも黄ばみも予防できます。

またポータブルトイレ用の据え置き型消臭剤やバケツ部分に入れて利用する液状タイプ、シートタイプの消臭剤もありますので、利用されてみるといいかと思います。

脱臭機能がついているポータブルトイレもありますので、においがあまりにもきついという時には、脱臭機能付きのポータブルトイレを利用されることも検討されてみるといいでしょう。