下着や寝間着を取り換える際のアドバイス

体位交換と共に大切な下着や寝間着の取替

寝ている間でも人はたくさんの汗をかいている、それは冬場でも同じといいます。
清潔な状態でいるために、朝起きてパジャマを脱いで着替えを行います。
健康な人ならこれも簡単な事ですが、寝たきり、また体が動きにくくなっている人にとっては、着替えることがままならない人も少なくありません。

体が動かしにくくなってくると、体を動かす機会も少なくなるので、衣服を着替えるという作業は大切なリハビリとなります。
関節を動かす着替えは高齢な方にとって関節を動かす運動となります。

本人が出来る範囲で着替えてそれをサポートするような印象

介護の基本となる事ですが、自分でできる事は自分ですることがリハビリにもなりますし、関節を動かすことにもなりますので、サポートは出来ないことに力を貸すだけです。

ボタンを留めるなど、指先を動かすことは神経を刺激することにもなります。
特に体が動きにくくなっている高齢者などは、出来る限りこうした作業を自分で行う事が出来るように励ましながら着替えをします。

着脱しやすい衣類で自信を持たせて

自分の着替えすらできない・・・と精神的に落ち込んでしまう方もいますので、出来る限り自分一人で着脱できるような衣服を準備してあげると自信を持たせることができます。

パジャマなどは伸縮性があるもの、またワンサイズ上のものを選択すると着脱しやすいです。
通気性や吸湿亭の高い木綿生地のものなど、気持よくいられる生地を用意されるといいでしょう。

下着は排泄物で汚れることも多くなるので、着脱しやすい介護用の下着などを用意すると便利ですし、汚れ防止に小さめのパットを付けておくと、交換すればいつでも気持よく過ごすことができるので、ご本人も気持ちよく過ごすことができると思います。

介護用の下着は前開きになっていて、腕も通しやすいものになっています。
パジャマのズボンもマジック式ボタンがついていて、一人で着脱できるように工夫されています。

基本的に自分の事は自分で行う毎日を

介護している側としては時間もなく急ぎ着替えさせたいと思うこともあると思いますが、時間をかけて待ってあげるということも必要かなと思います。

自分の事を自分でしてもらうということは、ボタンをかけたり腕をとおしたりするとき、介護する側は、手を出さずに見守り、一人で着脱出来ない部分だけ手伝います。
自分でできるところまでしてもらう間、時間がかかりますが、これもリハビリの一環と思って我慢し手を出さないで待つということが必要です。

人に頼らずに着替えなどがしっかりできると、それが自信につながりできる事は自分でしようという気持になっていくと思います。