歩行介助のポイント

どんどん外出してもらうためにも、歩行介助を覚えたい

介護が必要な方がご家族の中にいる時、少しずつ足腰が弱くなっていってだんだんと外出するのが億劫になっている高齢者をみると、家族としては少しでもいいので外出してほしいと感じます。
一人で歩くことが出来ない高齢者には、歩行介助をしながらゆっくりお散歩でも楽しんでほしいと思いますが、歩行介助の方法をしっかり理解していないと、怪我をさせてしまう可能性もあるので、しっかりと歩行介助の方法を覚えておきたいものです。

まずは準備から!サイズの合った滑りにくい靴を選ぶ

歩行を解除する時には、まず高齢者に合ったサイズの靴、滑りにくい靴を履いてもらい、転倒するリスクを減少させることが大切です。
屋内で靴を履かない状態で歩く練習をする時にも、ズボンが引っ掛からないように気を付けます。

スリッパやサンダル的なものは履きやすいですし脱ぎやすいので、高齢者も履きたがるのですが、踵がしっかりない靴は転倒するリスクが高くなります。
踵のある靴でサイズが合っているもの、靴裏に滑り止めが施されている物を選択します。

介助される方の立ち位置がポイント

歩行介助は相手のそばに立って脇と腰を支えるという基本姿勢があります。
ただ前方に倒れやすい高齢者の場合、向かい合わせにたって相手の肘を支えて、高齢者にも解除する側の肘を持ってもらい、歩行介助します。

杖を利用されている方への介助は杖を持っていない方向、斜め後ろにたって杖がない方に体が傾く際に支えます。
いずれの方向にも転倒の可能性があるという方を解除する場合、腰に手を添える、若しくは安全ベルトを利用して転倒のリスクを減らします。

体に麻痺がある方を解除される場合、必ず麻痺している側に立ち、手すりなどを利用される場合には、手すりがない側に立って介助します。

介助を受ける高齢者のスピードに合わせてゆっくり歩く

介助するという時には、介護を受ける方にとって歩く訓練、また筋肉や関節を動かす良いチャンスとなりますので、介助する側は、その方の歩調に合わせてゆっくりと歩を進めます。
歩き方も痛いところがある人、動きにくいところがある人によって癖がありますので、要観察しながら目を離さないようにしっかり介助します。

時にガクッと足の力が抜けるようになってしまう方もいますので、こうした状態が多い方は必ず腰をもってしっかりと支える準備をしておくことです。
また休み休み・・・介護を受ける方のペースに合わせて休憩をしながら歩くことも、毎日のお散歩、運動を楽しく行う秘訣です。

短い距離でもその方の歩幅とスピードに合わせて歩けば、介助を受ける方も安心してお散歩を楽しむことができます。
早く目的地につけるようにとあせらせてもいい事はありません。