介護難民について

高齢化社会を迎えた日本

日本は高齢化社会を迎えています。
さらに高齢化は進むとされており、日本は介護の悩みは誰もが直面する問題です。

その中の一つの問題として注目を集めているものに介護難民があります。
介護難民はどういったものでありどのような対策が必要なのでしょう。

介護難民とは

介護難民というのは介護が必要な人が介護施設不足や介護士の不足などの理由から十分な介護サービスが受けられない状況です。
介護難民は増加傾向にあり、この後もさらに増える見込みとなっています。

その数は現状から2025年には全国で43万人もの人が介護難民になる見込みです。
介護難民は地域によっても格差があることが予想されており、対策を考えていくてぃう用があります。

なぜ介護難民が出てくるのか

介護難民が増加しているのはいくつかの理由があります。
まずは高齢者の増加です。
少子高齢化を迎えていること、日本の医療技術や栄養状態が良くなったことによってどんどんと平均寿命が延びて言うことから日本ではどんどんと高齢化社会が加速しています。
これから、団塊世代が高齢化を迎えることでさらに介護難民は増える見込みです。

次に介護施設の不足があります。
介護施設自体は増えていますが、介護の利用者の増加に対しては決して合っているとは言えません。
これも介護難民を増やしている要因です。

介護職員が不足していることも要因としてあります。
介護職はまだまだネガティブイメージが強く就職希望者も少ないです。

ほかにも介護費用の問題もあります。
介護のサービスを受けるのもお金が必要です。
費用がなければ介護サービスを受けるチャンスが合っても受けられません。

家族の状況で介護ができないことから介護難民になるケースあります。
このように介護難民になる理由はいろいろとあり、誰もが当事者になる可能性もあるのです。

介護難民は今後どうなるのか

国としてももちろん介護難民の問題に対しての対策を進めています。
介護施設や介護職員を増やすための取り組みや、地域によっての介護難民問題の格差への対応なども取られていますし、今後は介護の費用問題も負担を減らす見込みです。

対策は進んでいますが、介護難民もこれからさらに増えていくことも確実になっています。
そのため誰もが介護難民の当事者になる可能性をもっていることを自覚して事前にできる対策は取っておくことが望ましいです。

介護はいつだれが必要になるかはわかりません。
必要になってから慌ててもなかなか思うように対応ができないものです。
そこで、介護が必要ではないときから誰がどのように対処するのかを考えておき、事前にできる対策を考えておくと当事者になった際にもスムーズに行動をすることができます。