1. >
  2. >
  3. 福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉の現場で必要な資格

高齢化が進む日本において、建築業界の中でも福祉、介護を意識した建物づくりが多くなっています。
公共機関などではバリアフリーは必須となっていますし、新たに建築される一般住宅においても、バリアフリーは必須でしょう。

介護が必要なご家族がいる、またそうした方々が訪れる場所などを建築する、リフォームする際に必要な福祉住環境をコーディネートする資格、福祉住環境コーディネーターの資格は、今注目を集めています。
在宅介護を希望される方や、この先、高齢な家族のためにバリアフリーの為のリフォームなどを行う際、どのような設備が必要となるのか、高齢者、介護が必要な方が暮らしやすい住まいを提案する仕事です。

就職先もいろいろ

就職先は多岐にわたり、例えば建築関係では設計事務所、ハウスメーカー、リフォーム会社、建築会社など、バリアフリーの住宅を建築、リフォーム等する企業、店舗などで活躍できます。
福祉関係では老人ホームや高齢者サービスなどの施設に関して、施設内をどのように変えていくことで入居者が暮らしやすい環境を作っていくか、アドバイスする立場で雇用があります。
介護ショップなどに関しても商品の開発などに関わる仕事に就くことが可能です。

医療機関では入院患者さんが暮らしやすい空間を作るため、医師や看護師などと相談しながらよりよい生活空間を作るお手伝いができます。
様々な就職先で活躍できる資格として注目される福祉住環境コーディネーターはこの先、需要がさらに高まっていく業務でしょう。

介護、福祉、建築と幅広い知識が必要

安全に暮らし安い空間をどう作るか、このためには介護、福祉の知識をしっかり持っていることが大切ですし、建築などの知識も必要となります。
全てにおいての知識を保有しているという事は難しいと思いますが、各専門家と相談しながら仕事を行います。

情報の提供もとても重要な要素で、例えば介護者のために住宅改修を行うという場合、介護保険を利用し補助金を貰える事もあります。
また改築の際、住宅ローンなどの相談を受けることもありますので、こうした情報を定格に伝えるということも重要な仕事です。

ただこの資格単体で業務が成り立つ、生計を成り立たせることができるという事はないので、その他の資格と共に保有して生きる資格と考えておく方がいいでしょう。
福祉住環境コーディネーターが出来る仕事として認められている仕事は、高齢労働省が似止める住宅改修費支給申請の理由所です。
この作成は福祉住環境コーディネーター2級以上、またケアマネージャー、作業療法士などの資格者以外行えません。

試験はどのように行われる?

3級、2級、1級という三つの種類があります。
試験会場は各都道府県にありますので日程等確認して試験を受けるようにしましょう。

合格率に関しては一概にいえないのですが、東京の場合、3級が64%位、2級が55%くらい、1級が7%弱という所です。
年によってもかなり違いがあります。
しかし1級を取得するのはかなり難しいので、しっかりとした勉強が必要でしょう。