1. >
  2. >
  3. 高齢者コミュニケーターの仕事

高齢者コミュニケーターの仕事

高齢化社会の中、高齢者の方の意思の疎通を担う

高齢化が進む日本において、介護、福祉の資格は増加しています。
時に高齢な方とコミュニケーションをとる事が難しいという状況の中で、高齢者特有の意思疎通の特徴とは何か、その特徴をしっかり学び、高齢な方々とのコミュニケーションを図る事が出来るように知識、技術を得る資格が高齢者コミュニケーターという仕事です。

お話の仕方、聞き取りの方法などを学ぶことで、高齢者との円滑な会話が可能となり、何を望みどのような状態にあるのか、現在の高齢者の生活等をしっかり知る事が出来るようになります。
介護は高齢者の身体介護業務が中心となりますが、高齢者コミュニケーターが存在することで、十分な意思の疎通が可能となるため、身体介助が必要な業務のサポート的役割を果たします。
まだ新しい資格で知名度こそありませんが、この先、必要不可欠なサポート役として活躍できる資格でしょう。

この資格を保有するメリット

高齢者との意思の疎通はとても難しい時があり、話がお互いに通じていないという事も多いです。
そのため高齢者にとってはいくら話をしても話が通じないと感じ、ストレスを受けてしまう方もいます。

高齢者コミュニケーターが存在する事でこうした行き違いを防ぎ、高齢者の方が安心して相談できる状態を作り出すことができるため、不必要なストレスを与える事もなくなります。
介護サービスを行う方としても、高齢者の方との意思の疎通がしっかりできていることで、高齢者が求めるサービス、必要なサービスを行う事が出来るようになります。

実践的講習で取得できる資格

国家試験などを受けて取得する資格とは違い、高齢者との意思疎通を図るためには、実務をこなす必要があります。
高齢者との対話を行うために法令上の制度などもありませんので、受験資格等はありません。

講習を主体に技術を主軸とした講習が行われるため、実技試験や筆記試験などはなく、短期間で資格を取得できるというメリットがあります。
しかしこの資格単独で就職活動に活かすという事は難しく、サブ的な資格として捉えておく方がいいので、その他の資格と共に取得する事を考えて就職に活かすといいでしょう。

高齢者コミュニケーターの資格取得のために

この資格は民間認定資格という分野に属するため、基本的にこの資格の講習を受講できれば、誰でも取得可能な資格です。
民間のこうした資格取得の教室などに通う事でも取得できますし、通信でも学び、取得することができます。

介護の現場、またそのほかの職場で働かれている方は、自分の都合で勉強できる通信の方が勉強しやすいでしょう。
またこの資格に関しては、福祉系短大などでも同様な勉強を学ぶコースがありますので、このコースを受講し、卒業によって修了証を貰う事が可能です。