1. >
  2. >
  3. 社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事

福祉サービス利用者のサポートができる仕事

病気や障害をお持ちになる方の様々な相談を受け、その中から福祉サービス利用者が安定した生活を送る事が出来るようにサポートするのが社会福祉士です。
非常にやりがいのある仕事ですが、高齢の方、障害をお持ちの方、生活保護を受けている方、児童福祉に関連する事、こうした幅広い方々に関連するお仕事なので責任もある仕事です。

具体的にいうと介護保険制度、障害者自立支給給付等補助金制度、福祉施設への入居希望に関して、また介護士の派遣をしてほしいなどの相談に乗り、実現できるかどうか模索します。
社会福祉士は、こうしたサービスに関する知識を得る事、またその知識を活用し、相談者がどのようなサービスを受けることが望ましいのかを考えながら対応していく仕事です。
介護の基礎知識を養い、福祉に関して総合知識を持っていることも必要ですし、医学的、心理的な勉強も行う事があります。

資格必須の業務ではない

介護福祉士などに関しては資格を保有して行う必要がある業務とは違い、社会福祉士の業務というのは資格必須の仕事ではありません。
社会福祉士になるためには国家試験に合格することが必要なのですが、この資格を持っていなければ社会福祉士としての業務を行う事が出来ないという事はないのです。

呼び名についても医療関係では医療ソーシャルワーカーと呼ばれますし、児童相談所の場合、児童福祉士という名称があります。
これらは社会福祉士が行う仕事であり、児童福祉士に関しても医療ソーシャルワーカーについても資格という事ではなく呼び名です。

もちろん、社会福祉士は国家資格となりますので、就職の際に国家資格を保有していることで、介護や福祉に関係する知識や技術を持っていることの証明になります。
そのため、持っていて損はない仕事です。

どの施設で働くか?例えば生活相談員の場合

社会福祉士はどこの施設で働くかによって、その業務内容が変わります。
例えば生活指導員の場合、どのような業務を行うのかというと、養護老人ホームや知的障害者授産施設などで相談業務を行います。

国内に10万人くらいの相談員います。
施設で暮らす方、またご家族の生活上の相談などを受ける、援助計画に沿い施設生活の実行の中、定期的にその様子を確認し評価し、見直しが必要なら見直しします。
公的な支援の情報などを利用者、若しくはご家族に説明します。
最終的に、利用者の方が出来れば自立した生活ができるようにと心がけて相談に乗るのです。

人とのかかわりが大切

社会福祉士は、利用者、そのご家族から日常生活についてどの位の不便があるのか、どういったサービスが必要になるのか、という事をお話しして理解しなければなりません。
そのためには、相手の方と辛抱強く、時には2時間以上も面談する事があります。
心を開かない方でも、じっくり話を聞いて時間をかけることで信頼関係を築き上げていかなければならないので、コミュニケーション能力が必要です。

時にはカウンセリング的な話が必要となりますので、精神科系の勉強をすることも少なくありません。
相談を受けるだけではなく、業務以外でも利用者の方とかかわりが必要な事もあるとても重要な仕事です。