1. >
  2. >
  3. 作業療法士の仕事

作業療法士の仕事

医療機関や福祉施設などで活躍する作業療法士

病気、怪我、また高齢によって身体の動きが不自由になってしまう事もあります。
出来る限り稼働範囲を広くするためには医師の指導のもと、リハビリを行い日常生活に必要な能力を向上させておく必要があります。

この能力を高める訓練を指導するのが作業療法士で、Occupational Therapist(オキュペイショナルセラピスト)、OTと呼ばれます。
身体的な面もそうですが、精神的なリハビリも必要となる事が多いので、専門的知識も必要です。

身体的リハビリは関節の可動範囲が狭くならないように、またより広げていくために関節を動かす訓練をしたり、筋肉をしっかり動かすことができるように、また発達するように訓練をします。
食事や排せつ、入浴などができるようにすることは、日常生活にハリができますし、自立した生活を送るという事は生きていくためにとても重要な事です。
精神的な面でのリハビリはあまり知られていないのですが、精神に障害をお持ちの方に対して、考え方を変化させる、また気持ちをリラックスさせるなど訓練します。

関連する資格

作業療法士はリハビリに携わる国家資格です。
作業療法士のほかに、理学療法士、言語聴覚士などの資格があります。
日常生活を円滑に送る事が出来るように、手芸、工芸などを通じ動作能力を向上させる作業療法士に対し、理学療法士は運動能力を回復させるための運動、物理療法等を行います。
脳などに障害を持ってしまうとうまく話せないなどの障害が出てしまいますが、言語に関する指導を行うのが言語聴覚詩です。

理学療法士はこの資格者の中でもより細かい作業を指導する事で、心身共に回復していくように指導する立場にあります。
織物や木工、将棋、たいそう、料理など、生活に近い物を利用して行う指導です。
趣味の中で楽しく作業しながら手先をうまく動かす事を訓練する等、日常的な動作や活動に役立つ訓練を行います。
患者さん、医師と共に相談しながら、その患者さんの状況を見て必要な訓練ができるようにプログラムなどを決定し作業を行っていきます。

作業療法士になるためには

作業療法士は国家資格です。
そのため、国家試験を受ける必要がありますが、国家試験を受けるためには受験資格があります。

代表的な方法としては作業療法士の養成課程のある大学や専門学校、短大などでしかるべきカリキュラムを3年以上学び、終了する事です。
高校を卒業し作業療法士になるための専門学校、短大に3年通い所定の課程を修了する、若しくは大学の作業療法士養成課程を受け、卒業する、その後、作業療法士国家試験を受け合格する事で作業療法士の資格を取得します。

国家試験は筆記試験のみで行われますが、重度視力障害者については筆記、実地及び口述試験などが必要です。
受験者が年々増加しているという事もあるため、合格率は高くても難易度が上がっている試験です。
専門的知識が必須となりますので、養成学校などで行われている試験対策などをしっかり受けて試験に挑む必要があるでしょう。

注意点「就職決定後の合格発表」

日本の学校では3月卒業、4月に就職先で働くことになります。
通常就職先は卒業前に決まっていることが多く、就職内定時期に作業療法士の資格を保有しているという事はありません。

合格であれば問題なく就職できますが、もし不合格という事になれば、資格を持っていないという事で退職しなければならないという事も出てきます。
就職先によっては合格するまで補佐的な作業を行わせてくれる場合もありますが、そうではないという職場もあるので、合格できるようにしっかりと勉強しておくことが望まれます。