1. >
  2. >
  3. 福祉用具専門相談員の仕事

福祉用具専門相談員の仕事

福祉用具の店舗や事業所では必須の資格

福祉用具専門相談員という資格があります。
この資格は介護保険指定を受けている福祉用具貸与のお店や販売事業所などに「2名以上」配置する事が義務付けられている資格で、福祉用具に関するスペシャリストです。

適切な福祉用具を高齢者の方と共に選び、生活サポートを行う仕事です。
超高齢化社会となった日本において、この先さらに需要が高くなる仕事といわれており、福祉、介護系の仕事として注目の仕事でもあります。

福祉用具専門相談員の主な仕事

福祉用具を利用される高齢者等の心身の状態をよく確認し、福祉用具でどのように心身をサポートできるのかを共に考えます。
その方にあった福祉用具を選定する事で豊かな生活へのサポートを行います。

相談者の相談内容に沿って福祉用具の利用に関する計画を立てるのも福祉用具専門相談員の業務です。
利用される方の身体の状態を考慮し、また使用する環境を確認しながら福祉用具を調整し、使いやすくしていきます。
安全に利用できるように慎重に調整を行い、取り扱いについても詳細に説明します。
実際に利用されている方が安心して安全に利用できているかを確認するため、モニタリングを実施し、定期的に利用者宅を訪問、利用されているところを確認し問題点がないか確認します。

この資格を取得するためには

福祉用具専門相談員になるためには、各都道府県が指定した福祉用具専門相談員指定講習という講習を受ける必要があります。
講習を受けて所定の課程を修了する事で福祉用具専門相談員として業務ができます。
学歴等、取得に関する条件はありませんので、ご家族の介護をされている方なども取得できる資格です。

50時間のカリキュラムで講習最終日に習熟度を確認する終了課程があります。
この講習を修了していない方でも、福祉用具に関する専門知識を持っている保健師や看護師、理学療法士や社会福祉士、介護福祉士などの国家資格保有者は、福祉業務の相談にあたる事が可能です。
福祉用具専門相談員の指定講習では、介護保険制度に関する基礎知識や、介護、医療に関する知識、さらに福祉用具それぞれに対する知識や技術などを学びます。

高齢者社会が進む中、とっておいて損はない資格

福祉や介護に関わる業務についている方、またこれからそうした就職先を希望される方、さらにご自宅に介護が必要な高齢者がいる方など、取っておいて損はない資格です。
すでに超高齢化社会に突入している日本において、福祉用具を利用される方は今後さらに増える事が予想されます。

福祉用具専門相談員は、プライベートでもビジネスでも役立つ資格となるでしょう。
研修を受けることで取得できる資格となるので、介護福祉関連に就職されている方もこの資格取得の為講習を受ける方が多くなっています。