ケアマネージャーの選び方

ケアマネジャーは信頼できる人を

ケアマネジャーは要介護者とその家族にとってとても大切な存在です。
介護生活について知識がなく不安な状況にある家族にとってマネジメントをしてくれます。

やはり、ケアマネジャーも人間ですから相性がありますし、それぞれの考え方があるので自分たちに合った人というのがいるものです。
ケアプランの内容は適切か、介護についての相談をしやすいか、などの基準から相談しやすく、なおかつ信頼できるケアマネジャーに任せたいというのは誰もが思うことでもあります。

ケアマネジャーの選び方

ケアマネジャーとなる人はどういった人がいいか、というのにはいくつかの選び方があります。
完璧な人に出会えばよいですが、なかなかそうもいかないことも多いです。
そこで、いくつかのチェックポイントを参考によりベストなケアマネジャーを見つけるようにしましょう。

まず、ケアマネジャーの経歴や資格を悪人することが必要です。
ケアマネジャーの仕事をするためには介護や看護日手の知識や経験が求められます。
そこで、今までのキャリアを確認しておくと適切なアドバイスが受けられるかどうかの判断ができるのです。

ケアマネジャーになるための資格は取得方法もいろいろとあります。
そのため、もともとの専門分野が保健、医療、福祉、どの分野化によって得意分野や知識の分野も違うのです。

また、ケアマネジャーの実務経験によっても得意分野は違ってきます。
そのため訪問介護や在宅介護の経験が長い人や、地域包括支援センターなどでの実務経験の多い人、看護師資格のある人など受けたい介護サービスの特徴や持病の有無などによって自分たちに合っているキャリアのケアマネジャーを選ぶことが望ましいです。

次に相談がしやすいということがあります。
ケアプランを作成するにあたっては、被介護者と家族の希望や状況を伝えて反映させてもらうことが必要です。
この際、ケアマネジャーにそういったことが伝えやすくないと思っているようなケアプランが作成できません。

ケアマネジャーに相談しやすいかどうかはこちらの話をきちんと聞いてくれるか、話し方が高圧的ではないか、自分たちに適切なアドバイスをくれるか、親身になってくれるかなどといったことがあります。
話をしていて相談がしやすい、しにくい、相性が良い、悪い、というのは出てくるものです。
介護や福祉の知識があっても話しにくい、相談しにくい、思っているような返答がもらえない、という人はあまり良い相談員とは言えません。

自分たちに合っているかどうかを判断するためには初回の面談でしっかりと話し込むことが大切です。
特に疑問を投げかけた際、わかりやすく返答がもらえるかどうかは判断の参考になります。