1. >
  2. >
  3. メンタルケアは大切!介護ストレス対処法

メンタルケアは大切!介護ストレス対処法


介護のストレス

介護はとても長い道のりです。
病気と違いリハビリで回復することもないですし、介護を必要とする期間も人によって違う違います。

また、身内だからこそストレスも溜まりやすいものです。
長く続くものだからこそ、上手に付き合っていくことが求められます。

介護をしている中でのストレスはトラブルを引き起こすことも多いです。
最近では介護のストレスから家族へ暴力を奮ってしまい怪我をさせたり殺してしまったりといった事件も起きています。
そのようなことにならないよう、早いうちにうまくストレスを解消しておくことが大切です。

介護のストレスを軽減するために

家族だから介護をして当然、と考えている人もいます。
たしかに、家族ですから介護が必要な家族の介助をすることは大切です。
しかし、だからといって何もかも完璧にしようと思うのは避けましょう。

介護は1年程度で終わるものではありません。
人によっては数10年と続きます。
また、最近では核家族化も進んでいますから1人で複数の介護者を抱えることも少なくないです。

そういった状況にありますから、無理をしすぎず親族で介護の分担をしたり、介護サービスを利用したりといったことをしていきましょう。
自分だけで抱えていると心身に支障をきたす可能性もあります。

認知症介護は認知症を知ること

認知症介護は介護の中でも特にストレスを抱えやすいものです。
コミュニケーションが取れにくいこと、症状が改善するよりも悪化することが多いこと、人によっては妄想や暴言といったものが出てくることなどから、介護者もストレスを感じやすくなってしまいます。

そこで、認知症介護でとても有効なのが認知所について学ぶことです。
認知症について学ぶことによって、認知症の人が起こしやすい問題行動について知ることができますし、その対処方法についても学ぶことができます。
そうすると目の前の家族の言動に対しても理解ができますし、対処もしやすいです。

やはい、状況が理解できるとストレスも溜まりにくく「これは認知症の症状だ」と思えば気持ちも楽になります。
正しい知識を持つことでストレスも軽減でき、より建設的な対応が取れるのです。

自分なりのストレス解消方法を見つける

誰でも好きなこと、趣味、などがあるものです。
日常的にうまくストレスを解消する方法を見つけておくと精神的にも落ち着きやすくなります。

例えば、スポーツ観戦をしたり、ライブに行ったりして気分転換をすることも有効です。
そういった外出をしなくても寝る前に読書をしたり、映画鑑賞をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、ストレッチをしたりすることもリラックスすることができます。
毎日の中でうまくストレスが解消できリフレッシュできる方法を知っておくとストレスを緩和することができておすすめです。