1. >
  2. >
  3. 遠距離介護のコツ

遠距離介護のコツ

遠距離介護はどうやって乗り越えればよいか

仕事での転勤など様々な事情で地元を離れて生活している人はいます。
そういった人が頭を抱える問題が介護です。
介護が必要な状態になった際、実家と遠距離だといろいろと苦労が出てきます。

遠距離介護、といわれるこの問題はかなり深刻な問題となっているものです。
乗り越えていくためにはいくつかのコツがあります。

遠距離介護はどういった特徴があるのか

家族に介護が必要になった場合、自分たちの生活している近くで一緒に生活をすることを検討する人もいます。
しかし、それでも遠距離介護を選択するのにはいろいろと理由があるのです。

まずはお互いの生活のしやすい地域で生活をしたいという希望があります。
子育て世帯の場合には、子供たちの育児環境や仕事の都合もありなかなか地元に戻ることが難しい人も多いです。
また、親世帯もずっと住み慣れた地域に残って生活をしたいという気持ちもあります。

それだけでなく、地元に戻ったり、親世帯を呼び寄せたりしようと思ってもどちらかの家に同居することが間取り上難しいということも多いです。
お互いの生活しやすい地域、住み慣れた家で安心して生活できる、という点は遠距離介護の状況になっても外せないという人は多くいます。

また、遠距離介護だからこそ、適度な距離が保ててストレスを抱えることなく介護をできるというのは遠距離介護のメリットです。
一緒にいられる時間は精一杯介護をしよう、という気持ちをもって介護ができると気持ちにも余裕が出てきますし、ストレスも軽減できます。

もちろん、デメリットもあり、なかなか思うように介護に行くことができなかったり、移動の費用がかかったりという点では負担は大きいです。
それ以外にもなかなか会うことができずサインを見落としてしまうこともあります。

遠距離介護をうまく行うコツ

遠距離介護をうまく行っていくためにとても大切なのがコミュニケーションです。
どうしても親の介護の場合には、コミュニケーション不足が起きてしまいます。
そこで、少しでも積極的にコミュニケーションをとるようにして老化のサインや体調不良などを感じ取れるようにすることが大切です。

電話ではなかなか様子を確認できない部分も会いますが、毎日離すようにしているとサインに気付けることもあります。
最近ではテレビ電話もありますし写真を送付することも可能です。
いろいろな形でコミュニケーションをとるようにして早めのサインを見逃さないようにしましょう。

介護サービスを利用している人は介護サービスの担当者と話し合う機会を持つようにするのも有効です。
自分たちが気付いていないサインに気付けることもありますから、定期的に連絡をして様子を確認するようにしましょう。
同じように地域の人たちにも何か気になることがあれば連絡してほしいということを伝えておくとトラブルを未然に防げます。