1. >
  2. >
  3. 私の看取り介護に対する考え

私の看取り介護に対する考え

看取り介護とは

看取り介護とは、将来、そう遠くない未来に、死に至るであろうことが予見されている方に対して、身体的にも精神的にもできるだけ苦痛を緩和すること。
 
そしてその期間に、その方なりの充実した生活ができるよう日々の暮らしをサポートする介護を、看取り介護といいます。
 
対象者の尊厳に、十分に配慮しながら最期まで介護を、心をこめて行うことです。
看取り介護は、ほとんどの場合介護施設で行われることが多く、ご家族も同意の上で行います。
 
看取り介護について、さまざまな方針の施設がありますが、ほとんどの特養では、痛みなどがあれば緩和しながら、死を迎える際のお手伝いをします。
こんなご質問もあるようですね。
参考:特養の看取りについて教えて下さい
 
看取りの際に、痛みなどの緩和する医療行為はしないという特養は珍しいですね。
医師や看護師が在中していないのでしょうか。
 
看取り介護の注意点は4つあります。
終末期の過程において、死をどのように受け止めるのか?
 
それぞれ家族の思いや対象者の方の思いなどがそれぞれ存在します。
施設での看取り介護は、長年過ごした場所で、今まで過ごしてきた親しい人たちに見守られて、自然な死を迎えることです。
 
利用者の方や、ご家族に対して、施設ではさまざまな注意事項を伝達しています。
たとえば、万が一のことがあった際に家族との24時間体制の連絡経路を確保していることや、看取り介護の家族の同意を得ること。
 
病状が変化した際には、緊急対応を行うことや、施設においての医療体制に理解を得ています。
施設では夜間、医療スタッフが不在となります。
そんな時に病状が悪化すると、夜間緊急連絡体制にもとづいて、看護師と連絡を取ることとなります。
 
施設での看取り介護は、やはり注意点がたくさんあります。
ご家族と離れている分、心もとないところもあるのです。
 

看取り介護の具体的な内容

看取り介護の具体的な内容としては、ご家族へのサポートと利用者様へのサポートと2通りあります。
まず、利用者さんに対しては、ボディケアやメンタルケア、看護処置を行います。
 
ボディケアは、バイタルサインの確認や環境の整備などを行います。
水分補給や栄養補給を適切に行い、排泄のケアや発熱、病気などへの配慮です。
 
メンタルケアは、身体的苦痛の緩和を率先して行い、コミュニケーションを重視します。
プライバシーへの配慮を行って、利用者さんのニーズに沿う態度で接します。
 
看護処置では、医師の指示に基づいて、点滴や酸素吸入などの看護処置を、看護職員が行います。
介護職員では、看護処置ができませんから、利用者様のご状況を看護師または医師に伝え、連携しての対処が大切です。
 
ご家族に対しては、話しやすい環境を作り家族関係の支援にも配慮します。
希望に出来る限り対応し、家族の身体的・精神的負担を軽減できるよう援助を行います。
 

看取り介護を施設で行うメリット

私は、看取り介護を施設で行うにはメリットがたくさんあると考えています。
在宅では、不十分な看護・介護ケアも施設では行き届いた介護が行えます。
また、ご家族は「介護を含めず」に、利用者様と最期の別れを惜しむことができます。
 
命ある限り、楽しく、幸せに。
ご家族と利用者様は、そのことだけを考えて過ごすことができるのです。
 
看取り介護にはさまざまな考え方がありますが、施設で行うほうが、良い看取り介護ができるのではないでしょうか。
職員は、その為に存在しているのですよ。
 
生きている限り利用者様も、ご家族の方も、笑顔で過ごせるように。
それをサポートするのが、私たちの仕事だと思っています。