1. >
  2. >
  3. 認知症の方への接し方

認知症の方への接し方

認知症の高齢者への接し方

高齢者の方に対しては、尊厳を持った態度で接しましょう。
また、認知症の方の発言に対して、まずは肯定をします。
 
認知症の方は、ただでさえ不安感を抱えています。
「自分が受け入れられない」と思うと、強く自分の主張を持つようになるのです。
 
介護の場合、これは逆効果です。
高齢者の方が、今現在何を望んでいるのか、考えて、接し方を変えなければいけません。
 
介護をしていて、困難だと感じる時が3つあります。
まず、認知症の症状が深刻になってきたとき。
 
こればかりは、経験がなければどう対処すれば良いのか、家族でも迷うでしょう。
介護力が低下したときもそうです。
ご家族の方が体調を崩された時や、介護ができないとなった時です。
 
双方ともに、身体状態が悪化したときにもそうです。
専門医の受診が必要ですし、地域の市区町村の相談窓口に行く必要があります。
 

認知症高齢者を介護するうえでの注意点

介護をするうえで、認知症の高齢者の方への一番の注意点は、環境の変化や周囲の変化を大きくしないことです。
たとえば、今までの生活が継続できないほどの変化。
 
引っ越しや、施設への入所は高齢者の方の周囲を「変化」させることになります。
入居を考えている場合は、できるだけ普段の生活と似ている環境を選びます。
 
生活リズムを変えないことが1つの注意点として挙げられますが、部屋の模様を変えるだけでもパニックに陥ってしまう方もいます。
高齢者の方のペースに合わせて、健康状態にも気を使いましょう。
 
介護者への注意点ですが、介護疲れしないための工夫を取り入れてください。
一人で悩まず、地域のサポートを借りたり、相談し合うことも大切です。
 
介護保険などの社会資源も大きな力です。
疲労を溜めないよう、介護者は息抜きが必要です。
体を休める、経済的な負担を減らす、精神的にリラックスする、この3つに努めましょう。
 
家族だからといっても、相手は高齢者。
若者に対しての接し方とはちょっと違います。
 
認知症を患っている方は特に、障害を抱えている方への対応や子供への対応とも少し違います。
否定はしないこと、これが一番大切です。