1. >
  2. >
  3. 根が深い老々介護の問題

根が深い老々介護の問題

老々介護について考える

親二人に子供一人、では、親が老人となった時に、介護をするのはだれでしょう。老老介護
施設を利用しない限り、介護をするのは一人っ子である子供しかいません。
こうした核家族化もあり、「老々介護」が年々増え続けています。
 
老々介護とは、高齢者が高齢者を介護することを現しています。
自分自身が高齢化したが、より高齢化している親を介護することを言います。
もしくは、自分より先に年老いてしまった奥さん、旦那さんを介護するというものです。
 
首都圏では、認知症高齢者の増加率が3倍近くなっています。
専門的な知識を持たない家族が介護をしているというご家庭も多々あり、一時サービスを利用したとしても特養や老健など、受け入れ態勢が整っていない、待ち状態が続いているという現状です。
 
厚生労働省の調べによれば、在宅介護を行っている世帯のうち、介護する側、される側、どちらも60歳以上という世帯が60%に及ぶと言われています。
高齢者が高齢者を介護する背景には、核家族化の進行が指摘されています。
 
また、ヘルパーさんや、その他外からのサービスを拒否する傾向があり、配偶者以外からの介護に対しての拒否感を拭い去れない方が多いことが理由として挙げられます。
 
本人の価値観や気持ちの問題ですが、配偶者からの介護といっても、配偶者も介護が必要な状態なのに文句は言っていられませんよね。
 

家にいたら介護ができるのか

老々介護もそうですが、ほとんど終日の間介護をしていると答えている介護者の、約7割は女性だと言われています。
昔から、「男は外で働き、女は家を守る」という風潮がありましたが、家にいたら介護ができるのでしょうか?
 
老々介護に当てはめてみましょう。
いくら、配偶者以外の介護を受けたくないと言っても、65才以上の女性が、自分よりも重たい男性の体を支えることができるのでしょうか。
 
施設に入りたくても入れない、待機老人は42万人を超えるとされています。
その中で、老々介護は深刻な問題と化しているのです。
 

老々介護自体が悪いわけではない

老々介護でも、地域包括支援センターや、デイサービス、ショートステイなどを利用すれば、ゆっくり休む時間も作ることができて、老々介護でも負担のない介護ができます。
 
若い家族に相談して、万が一の時のことを考えて話をしておいたり、介護の負担を軽減させることは可能です。
 
老々介護と共に増えている認認介護も問題視されています。
認認介護とは、認知症の方を認知症の方が介護すると言うものです。
家族からの介護は、メリットはあるものの、やはりどちらも高齢だと言う点では問題視されるのです。
 
老々介護の問題やリスクを少なくするには、医療機関や福祉施設を大いに活用するほかありません。
トラブルや、問題などを出さないためにも、「相談」することが大切です。