1. >
  2. >
  3. 私が介護職に感じる「やりがい」

私が介護職に感じる「やりがい」

介護をするのは大変ですよ

プロの方は、やはりプロです。
素人の方は、「介護なんていずれはやるもの、誰でも出来るもの」と考えているでしょう。
 
でも、プロの方と素人の方との違いって、ただ単に経験です。
経験していない人がいざ介護をしてみると、大変ですよ。
 
シゴトって、何かメリットがなければ続きません。
介護は大変ですし、身体を壊される方もいます。
精神的苦痛から辞めてしまう方もいます。
 
どうしてそれでも、私は介護職を続けているのか。
介護職には、やりがいがあるからです。
 

介護職のやりがいについて

介護をしていると、いろんな場面でありがとうを言われます。
介護をされている方は、何か嬉しいことをされると、特にとびっきりの笑顔でありがとうと言ってくれます。
 
高齢化社会の日本では、介護職員が足りていません。
そんな中で、日本では必要な職ですし、介護を通じて人と人とのつながりを深く感じます。
 
介護職は、精神的にも体力的にも本当に大変なお仕事です。
夜勤もありますし、要介護者をお風呂に入れたり、体力的な大変さは計り知れません。
 
また、人1人の命を預かっているわけですから、プレッシャーもあります。
そんな中で、人と人とのかかわりの中で、大きなやりがいを得ることができています。
 
介護職を選んだ方の、理由はさまざまです。
今後必要になる職種だから、資格が生かせるから、お年寄りの方が好きだから、自分の都合で働けるから。
特に理由なく介護職を選んだ方もいますし、給与が多いからという理由で選んだ方もいます。
 
まだ介護職員として新人の頃は、理想もあるし現実とのギャップで悩んだりします。
大変なこともたくさんあります。
 
それでも、要介護者さんのありがとうという言葉に励まされながら、役に立つという喜びをかみしめて続けられている方が多いでしょう。
また、長年介護職員として働かれている方は、これからの介護職を担う若者を育成し、社会に貢献しています。
 
どれだけ経験が浅くても深くても、責任重大のお仕事です。
その分、やりがいも大きい仕事だと私は感じています。
 

分刻みのスケジュール

介護士は、分刻みで働いています。
なぜ分刻みなのか?
 
要介護者である利用者さんが、一人ではないからです。
ただトイレへ連れていく、食事をサポートする、それだけでも、分刻みに予定が入っています。
 
グループホームとなると、入居者の方全員を数名のスタッフでサポートするなんてところもあります。
ハッキリ言って、介護職員が多ければ多いほど楽です。
それでも、それだけ余裕を出せるほど、介護業界は甘くはありません。
 
人件費がかさむ中、介護保険制度が適用されようやくスムーズに流れ始めた介護職です。
まだまだ人手不足、といったところでしょうか。
 
分刻みのスケジュールをこなしながら、私たちは入居者さん、利用者さん一人一人に向き合って生活しています。
とてもハードすぎて、家に帰るとすぐに寝てしまい、食事を食べない日もありました。
それでも続けているのは、それに勝るだけのやりがいがあるからなんですよ。